あいさつ

理事長あいさつ  ― 令和の時代を迎えて ―
理事長あいさつ  ― 令和の時代を迎えて ―
「遠淡海会」創設の経緯

社会福祉法人遠淡海会の創設者水谷千歳前理事長は、幼くして両親を亡くし、浜名湖畔のお寺の小僧さんとして修行に励み、朝夕に四季折々の浜名湖畔の自然の想いを心の糧として成長しました。
あたたかき 母の育み思ほゆる
我が生い立ちし 浜名の淡海

逆境の中、教職の道へ進み、中学校教師を経た後静岡県職員となり、知的障害児施設磐田学園長、教護院(児童自立支援施設)三方原学園長として、妻ひさと共に児童福祉の道を歩みました。
静岡県職員を退職した千歳、ひさ夫妻は、昭和49年に浜松市鴨江に社会福祉法人を創設し、故郷の浜名湖に因み「遠淡海会」と命名し、これを母体として県西部地域に初めて乳児院を設立。親の愛情に恵まれない乳児の養育に専念しました。
夕凪に さざなみのごと幾年か 幼き命守り育てて

その後、時代の変化と社会の要請に応え、昭和52年に若宮保育園、平成元年に特別養護老人ホーム神久呂の園を設立、平成16年には公立保育園の民営化第1号として浜松市立和合保育園を浜松市より移管を受けました。
現在では、1法人4施設、190名余の職員により、乳幼児から高齢者に至る430名余のご利用者への福祉サービスの提供に努めております。
これもひとえに地域をはじめ多くの皆様のご支援、ご協力の賜と心より感謝申し上げます。

社会福祉法人遠淡海会は法人創設者の精神を引き継ぎ、乳幼児から高齢者に至る多様な福祉サービスが、ご利用者とそのご家族の意向を尊重して総合的に行われるよう創意工夫することに努めてまいります。
そのことにより、ご利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、心身ともに健やかに育成され、その有する能力に応じ自立した日常生活を地域社会において営むことができるよう支援するとともに、地域福祉の向上にお役に立てますよう職員一同努めてまいります。
今後とも、皆様のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。
社会福祉法人遠淡海会
理事長 水谷 博
法人創設者あいさつ
法人創設者あいさつ
良き雰囲気づくりと心の成長

大正の末期、幼いころ両親を亡くした私は幼少時代浜名湖畔のお寺の小僧として修行に励み、朝夕四季折々の浜名湖畔の自然への想いを心の糧として成長しました。
あたたかき 母の育み思ほゆる
我が生い立ちし 浜名の淡海

逆境の中、私は教職の道へ進み中学校教師を経た後静岡県職員となり、知的障害児施設磐田学園長、教護院(現児童自立支援施設)三方原学園長として、今は亡き妻ひさと共に児童福祉の道を歩みました。県職員を退職後昭和49年浜松市鴨江に社会福祉法人を創設し、故郷の浜名湖に因み「遠淡海会」と命名しました。「遠淡海」とは、都(京都)から遠いところにある淡海(「湖水」)という意味で、往昔の浜名湖の呼称です。この遠淡海会を母体として県西部地域に初めて乳児院を開設。妻ひさと共に親の愛情に恵まれない乳児の養育に専念しました。
夕凪に さざなみのごと幾年か 幼き命守り育てて

その後時代の変化と社会の要請に応え、昭和52年に若宮保育園、平成元年に神久呂の園を設立、さらに平成16年には公立保育園民営化第一号として浜松市立和合保育園が遠淡海会に移管され、乳幼児から高齢者にわたる地域福祉の向上に努めました。
法人設立以来施設運営の基本とし一貫して「良き雰囲気づくりと心の成長」を職員の皆さんにお願いし、努めてまいりました。
熱い煮えたぎったお湯の中に投じられた水はたちどころに熱湯と化しますが、施設においても、土地、建物、設備及び人等によって醸し出される雰囲気は教えるとか指導するとかでなく、自ずから周りをその色合いに染め上げ育てます。従って、私共は自分たちの施設の周りの敷地も建物も設備もそして職員一人ひとりが良い雰囲気づくりの要素としてふさわしくあるように意を用い、特に雰囲気づくりに及ぼす人の影響の大きいことを想い、毎朝の出勤簿への真心をこめた捺印、職員やご利用者への挨拶と明るい笑顔、不知は質問し窮め自らも学ぶ姿勢、己がカで精一杯何事も試み又憩う等日々の施設での生活を通じて謙虚な態度で各人夫々が向上心をもって自身を高め成長していくよう心がけていくことが大切と伝えてまいりました。
今後ますます少子高齢化の進行が予想される中で、乳幼児や高齢者が安心して健やかに暮らすことができるよう、また、地域の福祉サービスの向上に少しでもお役に立てるよう遠淡海会の職員一人ひとりが「良き雰囲気づぐりと心の成長」を心がけ、努めていかれることを願ってやみません。法人創設40周年にあたり、これまで法人を支えて下さった地域をはじめ多くの皆様のご支援、ご協力に心から感謝申し上げますとともに、遠淡海会の益々の発展をお祈りします。
社会福祉法人遠淡海会
創設者 水谷 千歳